勘違いされやすいむくみ!間違った対策をしても解消できない!

勘違いされやすいむくみ!間違った対策をしても解消できない!

足がむくんだり顔がむくんだり、むくみで悩んでいる人は少なくありません。むくみの原因にはいろいろなものがありますが、皮膚の下に水分が過剰にたまってしまうと、それはむくみという症状となって現れます。体がむくむと、病気ではないかと心配する人は多いのですが、大半のむくみは病気ではなく、一時的なものです。

 

むくみの症状と原因

むくみが起こると、日常生活においては嫌な事が起こります。夕方近くになるといつも足がむくんでパンパンになると、下半身が太く見えますし、靴がきつくて入らなくなってしまうこともあるでしょう。また、朝起きた時に顔がむくんでいると、鏡に映る自分が信じられないほどブサイクになり、仕事を休みたくなってしまう衝動に駆られるかもしれません。

 

こうした一時的なむくみが起こる際には、原因がはっきりしていることがほとんどです。そのため、原因を取り除く工夫をする事で、むくみづらい体質を手に入れることができるでしょう。しかし、むくむ原因を勘違いしていたり、間違った対策方法を実践していたりすると、むくみを改善することはできません。それでは、多くの人が間違って実践しているむくみ対策には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

間違ったむくみ対策

水分摂取を控える

1つ目の間違ったむくみ対策は、むくまないように水分摂取を控えるという方法です。むくみの原因は、確かに体内の余分な水分です。しかしそれは、体内の水分量が多いからむくむというわけではなく、血液の浸透圧を調整する機能が上手く働かず、血液中の水分量が多くなってしまうことで起こる現象です。つまり、水分摂取を控えたからと言って、むくみとは関係がありません。

 

毎日たくさんの水分を摂取しても、体がむくみやすくなることはありません。多く取り過ぎた水分は、汗や尿として排出されます。どのぐらいの水分を摂取しているかに関係なく、むくみという症状は原因があれば起こってしまいます。

 

アルコールを控える

2つ目の間違ったむくみ対策は、アルコールを控えるという方法です。アルコールを飲むと、確かに肝臓で代謝される際にはたくさんのエネルギーが消費されますし、そのために起こる健康被害も懸念しなければいけません。しかし、むくみやすい人がアルコールをやめても、むくみを改善できるとは限りません。その理由は、むくみはアルコールが直接引き起こしているわけではないからです。

 

お酒を飲むと、おつまみが欲しくなります。特に味がシッカリついたものや高脂肪のものが美味しく感じられるため、ついつい塩分を取り過ぎてしまうことがあるのではないでしょうか。塩分を大量に摂取してしまうと、血液中の塩分濃度が高くなり、体は濃度を下げようとして血液中にたくさんの水分を溜めようとします。それが、むくみの原因となってしまうのです。

 

ダイエット

3つ目の間違ったむくみ対策は、ダイエットです。むくみという症状は、皮膚の下の皮下脂肪に水分が溜まるという現象で起こります。水分が溜まる皮下脂肪が多くついているぽっちゃり体型の人は、皮下脂肪が少ないスリムな人と比べると、むくみやすい傾向があります。そのため、ダイエットをすれば、皮下脂肪というむくみの原因を取り除くことはできるかもしれません。

 

しかし全般的には、むくみはあくまでも一時的な症状で、ダイエットとは直接の関係はありません。もちろん、慢性的なむくみを放置すると、むくんでいる部分に脂肪や老廃物が絡みついて脂肪細胞として定着してしまうリスクはあります。しかし、一時的なむくみに対してダイエットという方法で挑んでも、根本的に問題を解決することはできません。

 

正しいむくみ対策

それでは、むくみ対策としては、どんな方法を採用するのが良いのでしょうか?むくまないための方法にはいろいろなものがありますが、その中には誰でも今日から簡単に実践できる方法もあります。

 

例えば、お風呂の湯船にじっくりつかるという方法は、誰でも簡単に実践しやすい方法です。お風呂の湯船につかると、体全体を温めることができます。手や足の先にある末梢神経もしっかり温めることができ、全身の血流が良くなるでしょう。また同時に、体全体が温まることによって、筋肉のコリがほぐれやすくなります。これもまた、血流が良くなってむくみにくい体質づくりに大きく貢献してくれます。

 

むくみ対策としては、湯船の中で体全体のマッサージをしてあげるのがおすすめです。また、熱いお湯に短時間だけ浸かるのではなく、快適な温度のお湯に長く浸かる事で、血流や筋肉のコリを効率的に改善できます。

もしもお風呂の湯船につかることが難しければ、手だけとか足だけを熱いお湯につけて温めるだけでも、むくみ対策となります。

 

慢性的なむくみにはラシックス

食生活を見直すことも、むくみ対策として有効です。特に、塩分はむくみに直結してしまうので、できるだけ控えたいものです。その代わりに、血液中の塩分を排出する作用を持つカリウムを積極的に食べることで、むくみにくい体質づくりができます。具体的には、ほうれん草やバナナ、アボカドなどを食べる習慣をつけると良いでしょう。

 

どうしてもむくみが改善できない場合や、今すぐに解消したい人は、78ショッピングの様な個人輸入サイトを利用して、ラシックス通販をするという方法もおすすめです。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針