その体重増加は水太り!?減塩ダイエットで体重をストンと落とす方法

その体重増加は水太り!?減塩ダイエットで体重をストンと落とす方法

「体重が増えてしまう原因は何でしょう?」と問いかけると、多くの方は脂質や糖質の過剰摂取と答えます。そのため、世の中で紹介されているダイエット方法のほとんどは、脂質や糖質を制限するものが主要となっています。もちろん、多くの人がこれらの過剰摂取によって体重が増加しているため、対策としては正しいものと言えます。しかし、人によっては、脂質や糖質とは別の原因によって体重が増加している可能性があります。

 

水分が体重増加の原因になることも

その可能性の原因となっているのは「水分」です。この水分が原因で体重が増加している場合、いくら脂質や糖質を制限しても、なかなか体重は減りません。もし、脂質や糖質を制限するダイエットを1ヶ月以上続けて、効果が少しも現れない場合は、この水分による体重増加である「水太り」を疑ってみましょう。

 

水太りは身体のむくみによって引き起こされる体重増加です。人間の身体の6割は水分で構成されており、その水分の調整を担っているのが、ナトリウムやカリウムなどのミネラルです。この絶妙に保たれたミネラルバランスの均衡が大きく崩れると、血管内に留めきれなくなった水分が外に染み出し、細胞の隙間に流れ込みます。この余分な水分が細胞間にとどまったことによって身体膨張された状態をむくみと呼びます。

 

むくみの主な原因

むくみの主な原因としては、塩分の過剰摂取や、基礎代謝の低下、疾患などがあげられます。疾患の場合は医療機関の診断のもとに対応していく必要がありますが、塩分や基礎代謝に関してはある程度自分で対処することができます。そして、水太りの場合は、気づいてからすぐに対処すれば、意外にもストンとすぐに体重が減少していきます。しかし、むくみに気づかず、放置してしまうと少し厄介なことになってしまいます。

 

むくみを放置したその先に待っているのはセルライトの発生です。セルライトは、皮膚上に見られるボコボコとした凹凸で、これはむくみを放置した結果、余分な水分の周りで脂肪細胞が肥大化してしまうことによって起こります。このセルライトは自分で除去することはなかなか難しく、時間がかかってしまうため、短期間で処理するには高額な予算を用いて痩身エステなどに通う必要が出てきてしまいます。そうならないためには、むくみに気づいたら迅速に対応する必要があります。

 

減塩ダイエット

このような水太りに有効なのは減塩ダイエットです。糖質が原因のダイエット方法に糖質制限があるように、水太りには塩分制限が必要になってきます。まずは、自分の食生活を見直してみましょう。仕事などで忙しいからと、外食やスーパーのお惣菜などで食事を済ませてしまっている人は要注意です。これらの食事には塩分が多く含まれてため、もし3食そのような食事で済ませているとしたら、1日の塩分摂取量をかなりオーバーしてしまっている可能性があります。

 

減塩ダイエットを成功させるためには可能な限り、自炊をする必要があります。塩や醤油などを使用せず、食材本来の味を活かし、胡椒やカレー粉などの香辛料を使用して味付けをします。最初は濃い味に舌がなれているため、味気なく感じてしまいますが、続けていく内に徐々に慣れていきます。以前の食事を口にして、しょっぱい、塩辛いと感じるようになれば、減塩生活に成功しています。どうしても醤油や味噌などを使用したい場合は、減塩表示になっているものを選びましょう。昔に比べて種類も豊富になっているので、塩気のある調味料は減塩シリーズで揃えてしまっても良いでしょう。

 

そして、塩分を減らすのとは反対に、たくさん摂取したいのがカリウムです。カリウムは、身体に溜まった余分な水分を、体外へ排泄する働きがあります。むくみがひどいときには、このカリウムがたっぷりと含まれたアボカド、バナナ、ほうれん草などの食材を取り入れるようにしましょう。1度に過剰に摂取するのも問題なので、食事のバランスに気をつけながら、取り入れるのがポイントです。

 

食生活の改善+むくみ解消薬活用

これらの食生活の改善だけでもかなりの効果が期待できますが、並行して、医薬品やサプリメントを服用するのもおすすめです。むくみ解消を謳った薬やサプリメントの種類は多く、どれを選んだら良いのかわからないという方も多いと思います。そこでいちおしなのが、個人輸入通販サイト、78ショッピングで入手することが出来るラシックスです。ラシックスは、利尿作用を高めてくれる医薬品で、高血圧や、心不全の治療にも使用される正式な医薬品です。医薬品と聞くと腰が引けてしまいますが、用法用量を正しく用いることによって、水太りの改善に一役買ってくれるすぐれものとなっています。食事の改善が難しいという方は、1度試してみるのも良いでしょう。

 

このように、日頃の食事が塩分過多になっている人は、まずは水太りを疑ってみましょう。前述の通り、水太りの解消はスピードが大切です。むくみがセルライトとなって身体に定着する前に、減塩ダイエットに取り組んでみましょう。うまくいけば、数日で大きな効果を期待することが出来るでしょう。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針