たかがむくみと侮るなかれ!むくみとストレスの関係性とは

たかがむくみと侮るなかれ!むくみとストレスの関係性とは

ストレスは身体に様々な影響を与えます。

目標を達成しようとする力や、現状を打破するためのエネルギーとして、適度なストレスは力に変わることもあります。

適度な刺激や負荷をかけることは、自分自身の成長や生活に充実感も与えてくれます。

 

このような身体にとって良いストレスがある一方、心や身体に悪い影響を与えるストレスも存在します。

またストレスは、個人差があります。ある人によっては良いストレスでも、別の人にとっては悪いストレスに感じてしまうこともあります。

 

ストレスが身体に与える影響

これらのストレスは、徐々に身体の様々な部分に影響をもたらしていきます。

食欲不振や睡眠不足、頭痛や肩コリなど、身体に苦痛をもたらすこともあります。

 

もちろん、ストレスによって身体のむくみを発症してしまうこともあります。

むくみの要因には、体内の水分や血液の流れが大きく影響します。

 

悪いストレスが影響を及ぼすと、体内の循環機能が滞り、身体の様々な部分に影響を与えてしまうのです。

またストレスには、コルチゾールというホルモンが大きく関係します。

 

ストレスが大きくなると、コルチゾールの量は増大します。

このコルチゾールは、体内における水分の排出や、筋肉を構成するたんぱく質に影響を与えるのです。

筋肉は体内において、ポンプのような役割を果たしています。

 

コルチゾールによって筋肉が痩せると、体内の運搬機能は低下してしまいます。

それに伴い、水分の排出が滞ってしまうのです。

ストレスがむくみを誘発する原因には、このようなことも理由になっています。

 

ストレスの種類

ところでストレスは、肉体的なストレスと精神的なストレスに分けることができます。

肉体的なストレスとは、身体に直接かかる負担です。

 

代表的な例として、運動不足による身体の負担や、運動のしすぎによる負荷があります。

また夏の暑さによる熱中症や夏バテも、肉体的なストレスとして挙げられます。

 

日頃、公共交通機関や自家用車を利用し、歩く習慣がない人は、下肢の筋肉が衰えてしまいます。

また立ち仕事や座り仕事など、長時間同じ姿勢をとり続けていても身体に負担を与えます。

そのため下半身がむくんでしまうのです。

 

過度な運動や熱中症も、身体が消耗している状態です。

身体が消耗すると体内の機能も落ちてしまいます。

 

消化管を中心とした機能が低下することも、むくみを誘発する原因となっているのです。

 

一方精神的なストレスとは、心にかかる負担です。嫌なことがあった、大事な試験を控えている、理不尽なことで毎日悩んでいるという状態は、気がつかないうちに身体に影響を及ぼしています。

 

もちろんむくみとなって出てくる時もあり、ふと鏡を見て、身体や顔つきに違和感を覚えるというケースもあります。

精神的なストレスは、自律神経の乱れを引き起こします。

 

自律神経が乱れると、血行が悪くなるため、体内の循環がうまくいかなくなってしまいます。

それによってむくみを引き起こしてしまうのです。

 

むくみの解消には対処、生活習慣の改善が必要です

むくみは、放っておけば治ると思われがちです。

例えば、塩分やアルコール、水分を取り過ぎた後は、一時的に顔がむくむ時があります。

 

しかし、いつまでたっても元に戻らないむくみは、身体の別の部分のトラブルを引き起こしている可能性もあります。

例えば、心臓や腎臓、また甲状腺などに影響を与えているかもしれません。

 

むくみ以外のだるさや吐き気、体重の増加、声のかすれやまぶたの腫れなどの症状が目立った場合、医師の診断を受けることも検討しましょう。

 

ストレスによるむくみは、ストレスの原因を取り除くことが一番です。

しかし、ストレスをまったくうけない状態を維持することは不可能です。

 

そこで私たちには、上手にストレスと付き合いながら、発散していく方法が必要です。

効果的な方法として挙げられるのは、適度な運動です。

 

とくに大きな運動をする必要はありませんが、ジョギングやストレッチなどを行い、かかとを上げ下げし、下半身の筋肉を鍛えましょう。

職場でも階段の使用や、適度に歩き回ることで、同じ姿勢が続く状態を作らないよう意識するといいでしょう。

 

運動のしすぎも身体に負担がかかるため、ほどほどを意識することが大切です。

 

お風呂もむくみ解消に効果的

ほかにも心身ともに安らぎを与えてくれるのが、入浴です。

40℃前後のお湯に10分以上浸かることで、体内の血液の流れを円滑にしてくれます。

また浴槽の水圧もむくみに効果をもたらします。

 

入浴後に乳液などを使い、足首や足先などをマッサージするなどのセルフケアも効果的です。

お湯につかることは、交感神経を刺激し、集中力も高めてくれます。

忙しくてシャワーしか浴びる時間がないという人も、たまには湯船にお湯を張る時間を作ってみてはいかがでしょう。

 

慢性的なむくみにお悩みの方は「ラシックス」の活用を

それでもむくみが解消されない場合は、医薬品のラシックスを服用するという方法もあります。

78ショッピングは医薬品であるラシックス通販を行うサイトです。

むくみに悩まされているという人は、一度チェックしてみてはいかかがでしょうか。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針