知っておきたい!むくみの原因別の対処法・予防法とは?

知っておきたい!むくみの原因別の対処法・予防法とは?

朝起きたら顔がパンパン、仕事終わりで夜になるとふくらはぎがパンパン。

男女問わずそんな経験をしたことがある人は多いと思います。

 

これは一般的に「浮腫(むくみ)」と呼ばれていますが、実は「むくみは病気のサイン」「足のむくみは万病の元」と言われるなど、そのうち収まるだろうと簡単に見過ごしてはいけないものなんです。

 

むくみには色々な原因があり、原因によって対処法や予防法が異なるため、今回はむくみの原因別の対処法・予防法について解説していきたいと思います。

 

浮腫(むくみ)が起こるメカニズム

人の身体は約60%は水分で出来ているという話を聞いたことがあると思います。

2/3は細胞内液、1/3は細胞外液という内訳になっています。

 

むくみに関連性の高いのは、「細胞外液」の方で、血液中の水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分です。

 

この細胞外液は細胞や血液を行き来して、栄養を送ったり、老廃物を除去したりする働きをしているのですが、何らかの原因でこの細胞外液の流れが悪くなり、細胞と細胞の間に水分が溜まってしまう現象が起こります。

 

毛細血管から細胞にしみ出る水分量が多くなったり、逆に細胞間の水分が血管に吸収されにくくなったり、要はバランスが崩れ、通常よりも細胞間の水分が多い状態が起こっているという事です。

 

この状態のことをむくみ、医学用語では浮腫(ふしゅ)と呼びます。

 

むくみの原因は「病気?」「生活習慣?」

むくみには様々な原因があります。一過性ですぐに改善できるものもあれば、生活習慣を見直さないといけないもの、中には病気に由来するものもあるため注意が必要です。

 

病気に由来するもの

腎臓病、腎不全(腎機能障害)

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出する機能を持っています。

何らかの障害が起こり腎機能が低下すると、老廃物を含む水分を体外に排出することができなくなり、これが細胞間にたまる事で、むくみの原因となります。

 

肝硬変

肝硬変も肝臓の病気ですが、腎臓病・腎不全とはむくみを引き起こす構造が少し違います。

 

肝硬変が起こると、肝臓でアルブミン等のタンパク質が合成できなくなるのですが、このアルブミンは血管中に水分を保持する機能を持っているため、アルブミンが合成できないと血管から水分が細胞間に染み出してたまってしまい、むくみを引き起こしてしまいます。

 

心不全

心臓は身体中に血液を巡らせる機能を持っています。

心不全が起こると体の血流が滞り、むくみを引き起こします。

 

下肢静脈瘤

女性に多い病気です。

正常な静脈では心臓に血液が戻っていきますが、下肢静脈瘤になると逆流防止弁の機能が障害され、血液が正常に流れず逆流して溜まってしまいます。

 

その結果、ふくらはぎの部分の血管が膨らんで瘤(こぶ)のようになり、血管が圧迫され、足がむくみます。

 

リンパ浮腫

リンパ液の流れが滞ると、むくみが生じてきます。この状態を、「リンパ浮腫」といいます。

突発性のものもありますが、乳がんの手術で腋窩(わきの下)のリンパ節を切除したケースなど、がん治療の影響で起こることも多い病気です。

 

栄養失調

栄養失調になると消化管の病気が起こりやすく、体内でタンパク質を合成する機能も弱まり、血管中に水分を保持する機能を持つアルブミンが不足し、その結果むくみが起こります。

 

生活習慣の影響など、一過性のもの

塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎると、身体が体内の塩分濃度を一定に保つため、水分を溜め込む動きを取ります。

これがむくみに繋がってしまいます。

 

ただし、これは一過性のものなので、その後の食事で塩分を控える、カリウムなど体外に水分を排出する働きを含む栄養素を取るなどすれば改善可能です。

 

アルコールの摂取

アルコール自体は一時的に血管を広げる働きがありますが、喉が乾くため、同時に水分を多くとることになります。

 

また、お酒のつまみや、お酒の席での食事は塩分濃度が高めのことが多いですよね。

 

深夜までの飲み会も多いですし、睡眠不足になると、代謝、血流が悪くなるとむくみに繋がります。

色々なことが重なっている訳ですが、飲み会の翌日は顔がパンパンなんてことがよくありますね^^;

 

同じ姿勢が続くことにより血流の滞留

長時間立ちっぱなし、座ったまま等、同じ姿勢が続くと、血流が悪くなり、むくみを引き起こしやすくなります。

 

エコノミークラス症候群など、怖い病気もありますし、同じ姿勢が続く事は色々なリスクがあるということを意識しておく必要があります。

 

冷え

これは女性に多いですが、身体が冷えると血流が悪くなるので、老廃物を排出する動きが悪くなったり、身体に本来排出されるべき水分が滞留しやすくなるので、むくみが起こりやすくなります。

 

生理前のむくみ

これも女性特有のものですが、月経前になると、心身の不調が出現するPMS(月経前症候群)が起こることが多いのですが、これに伴い身体にむくみを感じる女性は多くいます。

 

これは一時的なものなので、そこまで深刻に捉える必要はありません。

 

むくみの対処法

根本的な治療

病気に由来する場合

むくみが病気に由来する場合は、当然病気の治療が最優先で、むくみにはその都度、ケア・対処というのが基本になります。

 

なお、もし、むくみの原因が不明で、むくみ以外の身体の不調が伴う場合、病気を疑う事も必要になってきます。

 

生活習慣に由来する場合

塩分、アルコールや姿勢などの生活習慣が原因になっている「むくみ」については、生活習慣の改善を行っていくことが重要です。

普段からむくみの原因について意識するようにして、色々試してみるのも良いと思います。

 

むくみが起こった時の対処

原因がはっきりしている一時的なもの

塩分・アルコール・同じ姿勢の保持・生理前など原因がはっきりしているものは、食事の工夫や、定期的なストレッチ、セルフマッサージ、半身浴など簡単な事で対処できるものも多いです。

 

慢性的なむくみに悩まされている方へ

実は慢性的な「むくみ」に悩まされている女性は沢山います。

 

そういった方は、上記の対処法を読んでも、「もう散々やったよ!色々試したけど、ダメなの(;_;)」という方が多いんですよね。

 

そういう場合は、「ラシックス」等の利尿作用を持っている治療薬を試してみるのも良いと思います。

 

ラシックスは医療機関で処方されている正式な薬ですが、一般の方でも78Shopping・ラシックス通販サイトで購入可能です。

 

むくみは様々な原因によって、体外に排出されるべき老廃物を含んだ水分が身体にたまってしまう事で起こります。

 

ですので、利尿剤によって尿を排出することで、老廃物を体外に排出し、むくみを解消することができます。

 

慢性的なむくみに悩まされている方がラシックスを服用し始めて、悩みから解放されたという声は沢山ありますので、試してみてください。

なお、ラシックスは医薬品ですので、用法・容量を正しく守って使用してくださいね。

 

まとめ

むくみの対処法は、「病気に由来するもの」「一時的なものなの」「一時的なケアや対処では改善できない慢性的なもの」など、原因によって異なります。

 

まずはむくみの原因が何なのか?ということを突き止めることが大事ですね。

 

むくみは放っておくと、ダイエットの天敵「セルライト」が生まれやすくなるという女性にとっては最悪の展開も起こります。

慢性的なむくみの場合は、薬のチカラに頼るという選択肢を頭に入れてみるのも良いと思います。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針