姿勢とむくみの関係とは?正しい姿勢をキープする方法も紹介

姿勢とむくみの関係とは?正しい姿勢をキープする方法も紹介

日常生活の中で、むくみを感じている方は少なくありません。特に女性はむくみやすく、脚のむくみに悩んでいる方が多いでしょう。

むくみが発生する理由はさまざまです。食生活の乱れやお酒の飲み過ぎ、運動不足や水不足などの原因が考えられます。女性の場合は、更年期や生理前といったホルモンバランスが乱れやすい時期に、むくみが発生しやすくなります。

 

また、毎日の姿勢も大きく関係しているでしょう。長時間同じ姿勢を続けると、体の一部に大きな負担がかかって血流が悪くなります。その結果、血の巡りが悪くなって体内に水分が溜まり、むくみにつながります。さらには、腰痛や疲労感といった症状を引き起こす可能性もあるのです。

 

立ち仕事やデスクワークをしている方は

特に、立ち仕事やデスクワークをしている方は注意が必要です。立ち仕事の場合、重力によって脚に水分が流れて、脚がむくみやすいと言えます。そのため、長時間同じ体勢を続けないように心掛けることが大切です。休憩中に足首を回す、軽くマッサージをするといった工夫で、多少は軽減されるでしょう。立ち仕事はアパレルなどの販売職が多いため、さまざまな制約があるかもしれませんが、なるべく締め付けの少ない服や靴を選ぶことをおすすめします。

 

座り仕事の場合は業務中に動くことが少ないため、よりむくみやすいと言えます。座りっぱなしになることでふくらはぎのポンプ作用が働かず、血流が滞ります。さらに、椅子に座ることで太ももやお尻が圧迫されて、血流の循環が阻害されるのです。その結果、水分や老廃物などが脚に溜まってむくみます。

 

それゆえ、ずっと座ったままの状態ではなく、せめて1時間に1回は歩く、ストレッチをするといった予防策が必要です。なるべく太ももやお尻に負担をかけないように、椅子にもこだわることをおすすめします。オットマンが付いているものを選べば、脚を乗せることで血流の滞りを改善できます。

 

立ち仕事でも、デスクワークでも、以上のような工夫でむくみを予防してください。その上で、立っているとき、座っているときの姿勢にも注意することが重要です。では、正しい姿勢はどのように確認すればいいのでしょうか。

 

正しい姿勢の確認方法

立っているときに正しい姿勢をとると、耳たぶから肩、脚の付け根、ひざ、そしてくるぶしが一直線になります。体に1本の棒が通っているような状態をイメージしてください。いまいち想像できない場合は、壁を活用するのがおすすめです。壁に背中をつけた状態で立って、後頭部、肩甲骨、おしりやかかとを壁につけます。なおかつ、壁と腰にはてのひら2枚分程度の隙間ができるようにしましょう。

 

座っているときに正しい姿勢をとると、耳たぶの後ろ、腕の骨の後ろ、そして坐骨が一直線になります。骨盤は背もたれに当たっている状態をキープします。デスクワークでパソコンを使っていると、無意識のうちに頭が前に出ることが多いため、注意しましょう。キーボードを打つ腕や肩に力を入れすぎてはいけません。

 

膝立ちもオススメ

それでも正しい姿勢の感覚がつかめない方には、膝立ちをおすすめします。膝立ちをすると特に意識しなくても真っ直ぐな姿勢になって、骨で体を支えられます。膝立ちで体を支える感覚を覚えて、立つ姿勢や座る姿勢でも実践しましょう。

 

体に負担をかける姿勢としては、猫背や後傾、反り腰などが挙げられます。特に、現代人はスマホを長時間使うことで、顔が前に出やすくなっています。これらの姿勢を続けていると、腰や背中、肩に負担がかかって、痛みに繋がるのです。さらに、消化器官の働きの低下や代謝の低下、呼吸が浅くなることによる自律神経の乱れなども発生する可能性があります。二重あごやたるみ、肌荒れといった、美容面でのデメリットも大きいです。よって、定期的に壁を使って自分の姿勢をチェックする必要があります。

 

正しい姿勢をキープできるようになると

一方で、正しい姿勢をキープできるようになると、あらゆるメリットを得られます。血流がよくなることでむくみや腰痛、肩こりの解消が期待できますし、代謝が上がって太りにくい体に繋がります。美肌を目指せる、堂々とした姿勢で自信があるように見えるといった、外見的なメリットもあるのです。

 

慣れない姿勢をキープすることは、最初は難しいかもしれません。仕事や勉強に集中していると、無意識に前傾姿勢になってしまうでしょう。しかし、思い出す度に正しい姿勢を意識することで、徐々に体に定着していきます。筋肉のつき方が変われば、無理なく適切な姿勢をキープできるようになります。

 

ただし、姿勢を意識するだけでむくみが一気になくなるとはいえません。生活習慣が大きく関係しているため、姿勢だけでなく、食事内容や運動、入浴や睡眠などを意識することが大切です。健康的で美しい体を目指して、できることから始めてみませんか?

 

慢性的なむくみにはラシックス

それでもむくみが改善しない、なるべくすぐに解消したいといった方は、ラシックスという薬に頼ることもできます。78ショッピングという通販サイトをチェックしてください。あらゆる解決策の中から、自分に合う方法を選びましょう。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針