40歳過ぎると悩みのタネになる「夜間頻尿」、実は「むくみ」と密接な関係が? 効果的な解消方法も解説。

40歳過ぎると悩みのタネになる「夜間頻尿」、実は「むくみ」と密接な関係が? 効果的な解消方法も解説。

40歳を過ぎると、夜間就寝中に何度もおしっこで目が覚めてしまう「夜間頻尿」の悩みを持っている人が多くなります。「夜間頻尿」に悩んでいる人の中には、昼間下半身がむくみやすい、という人もいるかと思います。実は、「夜間頻尿」と「むくみ」には意外な関係性があることをご存知でしょうか?

 

夜間頻尿とは?

一言で「夜間頻尿」と言っても、その原因の多くは加齢が強く影響しています。

夜間頻尿の原因としてまず考えられるのが、「多尿」という症状です。健常者の成人の1日における尿量はおよそ1000mlから1500ml程度とされていますが、それよりも多くなると「多尿」という症状であると診断されます。また、「多尿」の状態にあって、1日の総排出量の3分の1(330mlから500ml以上)が夜間に排尿される状態を「夜間多尿」、つまり夜間頻尿の状態にあることになります。

 

夜間頻尿になる理由

「夜間多尿」になる理由もいくつかあります。

 

加齢によるホルモンの分泌低下

ひとつは加齢によってホルモンの分泌が悪くなるというものです。通常、夜間の就寝中には脳下垂体から「抗利尿ホルモン」が分泌されることによって夜間の尿量が調節されていますが、加齢によってこのホルモンの分泌機能が低下し、結果として夜間の尿量がふえてしまいます。

 

加齢による腎機能の低下

加齢によって腎臓の尿を濃縮する能力が低下することも原因となります。腎臓の機能が低下してくると薄い尿しか作ることができなくなるばかりでなく、立位で腎臓の位置が下がることによって腎下垂になりがちになります。しかし、横になって安静状態になると、腎臓が元の位置に戻って血流が改善するため、夜間の就寝中の状態で腎臓が尿を多く作れる状態になります。これが夜間多尿に繋がります。

 

膀胱に原因がある場合も

膀胱に原因がある場合もあります。歳をとることで膀胱周囲の筋肉量が減少、線維化して結合組織成分が増加すると、膀胱の収縮力や尿を貯めておく蓄尿機能が低下してしまいます。神経が弱くなることで、膀胱容量が低下し結果として夜間多尿に繋がってしまいます。女性に多く見られる過活動膀胱は、この膀胱の老化によって起こる蓄尿の障害のひとつです。

 

筋肉や血管が原因の場合

全身の筋肉や血管、または心臓が原因になっていることも考えられます。健常者の場合、体内にある余分な水分や老廃物は、筋力や血管の活動によって腎臓を介して膀胱に貯められ、尿として適切に排泄されますが、加齢によって筋力や血管の収縮力が低下すると、これらの余分な水分や老廃物が適切に体外に排出できなくなります。心臓のポンプ機能が加齢によって低下することも、尿の排出機能の低下につながります。心臓の血液を送る力が低下することで、余計な水分・老廃物をうまく組み上げることができなくなるからです。

 

ちゃんと余分な水分・老廃物を体外に排出できなくなると、体内に溜まったそれらの水分は、起きている状態では重力によって下がっていき、下半身に貯まります。これが、午後以降、脚が「むくみ」を起こす原因です。

 

夜間頻尿・多尿が起きるメカニズム

しかし、夜になり就寝すると、下半身に蓄積していた水分は重力の影響を受けなくなります。また、横になって安静になることで、心臓の負担が軽くなり、下半身に溜まっていた水分を組み上げ、腎臓に十分な血流を送れるようにもなります。心臓への血流が増加することで心臓に負担をかける状況にもなりますが、このとき、身体は心臓への負担を軽減するために、利尿作用をもつ体内物質である心房性ナトリウム利尿ペプチドを分泌し、排尿が促されます。その結果として寝ている最中に尿意を催し目を覚ましてしまう「夜間多尿」の症状が現れるわけです。

 

つまり、「むくみ」と「夜間頻尿」は同じ原因で起きていることが考えられるわけです。これは逆に言えば、昼間に十分な排尿を行ってむくみを解消することができれば、夜間に尿意を催すこともなく、朝までぐっすり眠れることに繋がる、ということになります。

 

むくみの解消で夜間頻尿が解消するケースも

「夜間頻尿」と「むくみ」が同時に起こっている場合、「むくみ」を解消することで「夜間頻尿」を解消できることは上記で説明したとおりです。そして、それらの症状の原因は筋肉や血管が加齢によって弱っていることにあります。つまり、筋力アップをして筋肉や血管を強化することで、むくみは解消できることになります。

 

筋力アップのトレーニングにはジョギング・ウォーキングが最適です。もともとスポーツをする習慣がない場合は、最初から無理してジョギングするのではなく、まずウォーキングから始めると良いでしょう。下半身の筋力がアップすれば、筋肉や血管の持つポンプ機能で下半身に水分が貯まることを防ぐことができ、日中にしっかり尿として排出、夜間頻尿の症状も緩和されるはずです。

 

夜間頻尿の症状が辛い場合は即効性のある「ラシックス」を

ウォーキング・ジョギングなどの運動がむくみの改善に有効であるのは確かですが、むくみや夜間頻尿の症状が辛く、すぐに症状改善をしたい場合は「ラシックス」という薬を利用する方法もあります。ラシックスは高血圧治療にも利用される利尿剤の一種で、体内の余分な水分・老廃物を排出する効果があります。ラシックスの入手には、個人輸入代行サイトを利用すると良いでしょう。「78ショッピング」というサイトを利用するのが便利です。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針