飲み過ぎ注意!飲み会後のむくみを解消するために気をつけたいポイント

飲み過ぎ注意!飲み会後のむくみを解消するために気をつけたいポイント

一日の仕事が終わった後は、「ちょっと一杯飲もうかな」という気持ちが大きくなるものです。とくに休日前になると、いつもより飲む本数が増えてしまうという人も多いかもしれません。また気の合う仲間たちと飲むお酒も、楽しい気分にしてくれます。このような場面でも、ついつい飲み過ぎてしまうということがあるのではないでしょうか。

しかし、お酒を飲み過ぎた翌日に鏡を見ると、顔がむくんでいたりすることはありませんか?そのむくみの原因は、前日摂取したアルコールなのです。

 

アルコールがむくみにつながる理由

そもそもむくみというのは、身体の中で余分になってしまった水分が、皮膚の下に溜まってしまう状態を指します。体内の水分は、血液やリンパ液として身体中をめぐります。そして全身に必要な栄養素などを届けて、老廃物を排出します。むくんでしまうのは、その働きが滞ってしまい、細胞の間に水分が残ることから起きてしまうのです。

 

お酒をたくさん飲んだとき、お手洗いに行く回数が通常より増えるのではないでしょうか。これはアルコールの飲み過ぎによって、利尿作用が高まるのです。そのため身体の中で水分が足りなくなってしまいます。身体が多くの水分を失ってしまった状態では、老廃物が体内に残ってしまいます。それによって、顔や手足にむくみが生じてしまうのです。

 

さらにお店でお酒を飲む場合は、おつまみにも要注意です。お酒に合うからといって塩分が多いものばかり食べていると、体内の塩分濃度が高くなってしまいます。身体はさらに水分を求めますが、水分がない状態では体内でためこんでしまします。これがさらにむくみを助長させてしまうのです。

 

アルコールを摂取する際はむくみ対策をしよう

このようなアルコールによるむくみを解消したい場合は、事前の対策や飲酒中、また飲酒後にそれぞれ対策を立てることが大切です。

 

水をしっかり飲む

まずアルコールを飲む前にやっておきたいことは、水を飲むことです。アルコールを飲むことで利尿作用が活発になるため、身体は水分が失われやすい状態になります。水を1杯のむことによって、身体の中にあらかじめ水分を補給しておき、脱水症状を防ぐことができます。

 

定期的な運動の習慣

また飲み会の直前だけでなく、日頃から新陳代謝を良くしておくことも大切です。ウォーキングや有酸素運動など、定期的に代謝を高める運動を行いましょう。代謝が悪いと身体は水分をためこみやすくなります。普段から代謝を高めておくことで、むくみにくい身体づくりに努めましょう。ほかにも日常の中では、お風呂に浸かることも大切です。湯船につかると、血の流れが改善されるといわれています。夏場など暑い季節では、ついついシャワーで済ませてしまいがちです。そのため冷えやすい身体を作ってしまい、むくみをさらに誘発してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

塩分濃度の高いおつまみに注意

次にアルコールを飲んでいる最中に気をつけたいのは、おつまみです。どうしても塩分が多いものを食べてしまいがちですが、極力控えるか、塩分が控えめなものを選ぶというのも方法の一つです。とくにトマトやナッツ、いも類などにはカリウムが多く含まれています。カリウムはむくみを防止する効果があるので、サラダなどを一緒に注文しておくといいかもしれません。またアルコール摂取中も、水分を適度に補給することを忘れないようにしましょう。よくバーなどではウィスキーを注文すると、チェイサーと呼ばれる水が出てきます。チェイサーはただの水ですが、バーなどではウィスキーの味や香りを楽しむために口直しとして出されるのです。日本酒や焼酎を注文した場合は、和らぎ水というチェイサーと同じ役目を持つ水を出してくれます。お酒を楽しむ意味でも水は重要な役割を果たしますが、脱水症状を防ぐという意味でも効果的です。もちろん水を飲むことで胃に水を含ませ、お酒を飲むペースも抑えられます。むくみだけではなく、二日酔いなどの予防にも繋がるので、度数の強いお酒を飲む場合などは積極的に活用しましょう。

 

お風呂で老廃物を排出

そして、お酒を飲み終わった後は、お風呂に入りましょう。汗と共に身体の老廃物を排出させることで、むくみや二日酔いを防止することができます。またお風呂上がりには、マッサージをしておくこともむくみの予防につながります。顔がむくむ場合は、鎖骨や首を重点的にマッサージします。ふくらはぎなど足がむくむという人は、足首からふくらはぎに向かってマッサージしましょう。十分マッサージをしたら、最後はもう一度コップ1杯の水を飲んでおきます。水分不足の状態で眠ってしまうと、アルコールが分解されず、むくみが残ってしまいます。十分な対策を取った上で、眠りにつきましょう。

 

慢性的なむくみでお悩みの方はラシックス

とはいえ、長年続く慢性的なむくみで悩んでいる人も多いかもしれません。そのような場合は、医薬品であるラシックスを利用してみる方法もあります。個人輸入代行の医薬品通販サイト78ショッピングでは、ラシックスの購入も可能です。街角の薬局では購入が難しいため、気になる方はぜひ一度ご覧下さい。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針