体重の増加は脂肪だけが原因じゃない!?水太りとその解消方法

体重の増加は脂肪だけが原因じゃない!?水太りとその解消方法

体重が増えてしまうと、ダイエットを始める人はたくさんいます。しかし、食事制限や運動をしても効果が出ず、ダイエットをやめてしまう人も少なくありません。ダイエットを失敗してしまう場合、ダイエット法が間違っているのではなく、体重の増加となった原因を勘違いしている可能性があります。人間の体質は1人1人によって異なるため、体重増加の原因も違ってきます。多くの方は体重が増えると脂肪が増えたと思い込み、「脂肪を減らすためのダイエット」を開始します。食事制限や運動によるダイエットは主にこれに当たりますが、この方法をとっても体重が減らない場合は、減少させる対象が脂肪ではないという可能性を考えて、行動することが大切です。

 

水太りとむくみ

脂肪による体重増加と同じように、人間の体重を増加させる原因の1つに「水太り」というものがあります。水太りとは、その名前の通り、体内の水分によって体重が増えることであり、身体がむくむことによって引き起こされます。

 

私たち人間の体の60%は水分でできており、ナトリウムやカリウムなどのミネラルのバランスをもって、正常に維持しています。しかし、この働きのバランスが崩れると血管内の水分が溢れ出し、細胞の間に流れ出てしまいます。このように、余分な水分が細胞間に溜め込まれた状態が「むくみ」です。

 

むくみが起こる原因

むくみは塩分や水分の取り過ぎや代謝の低下、そして疾患などが原因で引き起こされます。むくみは水分代謝がうまく機能していない状態のため、摂取した水分がきちんと排泄されず、身体に残り続けてしまいます。これがいわゆる水太りの状態です。正しい方法でむくみを解消すればすぐに体重が落ちますが、むくみを放置してしまうと、セルライトとして身体に定着してしまいます。セルライトになってしまうと、ちょっとやそっとでは解消することができなくなってしまうため、むくみによる水太りは早めに対策をとることが大切なのです。

 

むくみによる水太りを解消する方法

食生活の改善

むくみによる水太りを解消するにはいくつか方法があります。1つ目は食生活の改善です。脂肪を減らすための食事制限は油分や糖分に注目しますが、水太りの場合は塩分を控えることから始まります。塩分を過剰摂取すると体内のミネラルバランスが崩れ、水分を身体に溜め込む作用が引き起こされます。それが溜まり続けるとむくみになってしまうため、食事の塩分を必要最低限に抑えることが大切になってきます。また、溜まった水分を排泄する作用のあるカリウムを多く取り入れるのも有効です。カリウムを多く含んでいる食材はアボカド、ほうれん草、バナナなどが代表的です。積極的に取り入れて、余分な水分を体外に排泄しましょう。

 

運動

2つ目は運動です。これは脂肪太りの場合にも有効ですが、水太りの場合は、特に下半身の筋肉を鍛えることが大切です。下半身のふくらはぎには、全身の血行を良くするために大切なポンプ作用という役割があります。このポンプ作用がきちんと機能していると、血液やリンパ液などの体液の循環が良くなり、むくみの解消に繋がります。速歩きのウォーキングやスクワットなどを取り入れて、ふくらはぎの筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

マッサージ

3つ目はマッサージです。マッサージは、セルライトになってしまったむくみの解消にも有効的な方法です。むくみの気にかる部分を、心臓から遠い方から心臓に近い方向に向かってマッサージします。むくみがひどい場合は痛みを感じる場合もありますが、イタ気持ちいいくらいの力加減で行うのがポイントです。セルライトがひどい場合には、セルライトを潰すように少し強めに行いましょう。

 

医薬品やサプリメント

そして、4つ目は医薬品やサプリメントです。むくみを解消するための薬やサプリメントはたくさんありますが、特におすすめなのがラシックスです。ラシックスとはループ利尿薬という分類の医薬品で、むくみの解消や高血圧の抑制、そして心不全の治療などに使用されています。ラシックスは服用すると強力な利尿作用により、スピーディーにむくみを解消することができます。ラシックスはダイエットを成功させるサプリメントではなく医薬品ですが、用法用量を正しく守って服用すれば、むくみを解消するための強い味方になってくれます。食事制限や運動だけでは解消できない慢性的なむくみで悩んでいる方にはとてもおすすめです。ラシックス通販の78ショッピングで購入可能です。

 

薬で対処した後は、食事を含む生活習慣の改善を

このように、体重の増加は脂肪だけが原因ではなく、溜め込みすぎた水分によっても引き起こされることがご理解いただけたと思います。脂肪を減らす方法と共通する点もありますが、一番大切な食事制限の仕方は、脂肪太りと水太りでは大きく異なります。日常的にむくみが気になり、塩分を過剰に摂取している食生活をしている場合は、まずは水太りを疑ってみましょう。前述の通り、水太りは早期に解決すればするほど、すぐにストンと体重を落とすことができます。むくみがセルライトになって身体に定着する前に解消するようにしましょう。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針