むくみ解消でぐっすり!夜間頻尿と足のむくみの関係

むくみ解消でぐっすり!夜間頻尿と足のむくみの関係

夜、寝ている間におしっこのために目を覚ますことはあるでしょうか。

ときどきなら問題ありませんが、なかには一晩に2度も3度もおしっこのために目を覚まし、そのせいで睡眠不足となって日中の生活にも支障が出る人もいます。

「夜間頻尿」と専門的には言いますが、一晩に2回以上排尿するようであれば、夜間頻尿を疑ってみましょう。

 

どうして、「夜間頻尿」になるの??

そんな夜間頻尿について、いくつかの原因が考えられますが、なかでも下半身のむくみのせいで夜間頻尿になっている人が目立ちます。

下半身のむくみの原因の一つに、加齢による筋力低下や血管の収縮力低下が挙げられますが、筋肉が弱くなって血管がしっかり働かなくなると、体内にある水分が重力に逆らえずに体の下の方に溜まってしまいやすくなるのです。

むくみとは、体内に不要な水分が溜まっているために起こる症状です。

 

どうして、むくみのせいでトイレに行きたくなるの?

なぜむくみによって寝ている間におしっこに行きたくなるかというと、寝る時の姿勢を考えるとわかります。

寝る時には体を横にしますから、起きている間は重力に逆らえずに体の下の方に溜まっていた水分が上半身に移動してくるわけです。

そのため、静脈を伝って心臓へと戻る血流が増え、体は不要な水分を体外に排出するために利尿ペプチドを作ります。

 

その結果として、横になって寝ている間におしっこに行きたくなり、実際に尿量が増えるという仕組みです。

夜間頻尿にお悩みの方で、足のむくみにもお悩みなら、そのむくみを解消することで夜間頻尿の改善につなげることも可能です。

そこで、足のむくみを解消するのに役立つ、日常生活に取り入れたい習慣をいくつか紹介します。

 

運動をして下半身を動かそう(^^)/

一つ目は、ウォーキングなどで積極的に足を動かすことです。

特に、足のむくみは一日の後半から起こりやすいので、ウォーキングなどの運動を行うのは午後から夕方にかけてがよいでしょう。

ウォーキングでなくても、ふくらはぎの筋肉をしっかり使う運動ならかまわないので、毎日30分ぐらいを目安に始めてみてください。

 

運動によってふくらはぎの筋肉がしっかり収縮し、足の水分を持ち上げるポンプ作用が働きます。

起きている間に下半身から上半身へと水分を移動させておけば、寝ている間におしっこに行きたくなることもありません。

 

また、しっかり運動するほど夜には心地よい疲れでぐっすり眠れるようになるので、おしっこのために夜中に目を覚ますことはますます少なくなるでしょう。

 

水分のとり方を考えよう(^^)/

二つ目は、水分の摂取の仕方に注意することです。健康のためには水分をしっかり摂取することがよいとされています。

実際、「1日2~2.5リットル飲もう」と言われることも多いです。

ただし、これは食事に含まれている水分も合わせて2~2.5リットル摂取するとよいということですので、水やお茶ばかり2リットル以上飲む必要はありません。

水分を多く含む生野菜をたくさん食べた日は、飲む水分量を減らすなどして調節しましょう。

 

食後の水分摂取の注意点

特に、食後の水分摂取には注意してください。

食後は胃腸が食べたものの消化で活発に動いている状態ですから、そこに水分を摂取するといつも以上に体内に吸収されてしまいます。

 

また、食後に水分をたくさん摂取すると、胃液が薄まって消化が悪くなることもあり得ることです。

胃液の持つ殺菌作用が低下することも考えられるので、体調不良につながることもあります。

食後2時間ぐらいは水分を控えめにしましょう。

 

食後2時間以上経過したからといって、がぶ飲みするのもよくありません。

 

睡眠前の水分の摂り過ぎに注意

睡眠中は肝臓の働きも低下しているため、水分を体外に排出する働きが弱まっています。

寝る前にたくさん水を飲むと、余計な水分が体内に溜まりやすくなってしまうのでむくみの原因になります。

おやすみの前の水分はコップ1杯程度に留めておきましょう。

 

カフェインの摂り過ぎに注意

また、水分は水分でも、コーヒーや紅茶、お茶などにはカフェインが含まれているので注意が必要です。

カフェインといえば眠気覚ましの作用が有名ですが、実は強力な利尿作用も持っています。

 

カフェインを含む飲み物をたくさん飲むと、夜、おしっこに行きたくなるのは仕方のないことです。

むくみの気になる方は、日ごろからコーヒーなどは控えめにしてなるべく水や白湯を飲むようにしましょう。

 

塩分の摂り過ぎにも注意しよう

そのほか、塩分を控えることや太り気味の方はダイエットすることなどもむくみ解消によいとされています。

実際、塩分の摂り過ぎも肥満も夜間頻尿と関係しているという報告もあるため、いずれにせよ塩分は控えめにするべきであり、肥満の方は肥満を改善するべきです。

 

むくみ解消に活用されている「ラシックス」

夜間頻尿を改善するためのむくみ解消法についてお伝えしてきましたが、すぐにつらい症状をなんとかしたいという場合は薬の力を借りるという方法もあります。

 

むくみ解消によく用いられるラシックスという薬は利尿剤ですので、体内の余分な水分を排出するのに有効です。

市販されている薬ではありませんが、通販サイト「78ショッピング」なら一般の人でも簡単にラシックスが購入できます。

ラシックスを検討の際はぜひアクセスしてみてください。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針