顔や体がむくむ原因とは?早めの対処が重要な「むくみ」の対処にはラシックスが有効

顔や体がむくむ原因とは?早めの対処が重要な「むくみ」の対処にはラシックスが有効

朝起きると顔がむくむ、もしくは、夕方になると足がパンパンにむくむなんてことはよくあることです。

 

そのほか、お酒を飲んだ翌朝には顔がむくみますし、天気の悪い日、体調の良くない日などにもむくみやすくなります。

 

男女問わず顔や体のむくみに悩まされている方は多いですが、そもそもなぜこのようなむくみが起こるのでしょうか。

 

むくみはなぜ起こるの?

むくみは体内の水分が関係しています。

人体の約60%は水分でできているというほどですので、水分量によって体に変化が表れることはたやすく想像できるのではないでしょうか。

 

しかも、体内の水分はただの水ではなく、約3分の2ほどは細胞内液という文字通り細胞内に含まれている水分で、それ以外は細胞間にある水分や血液中に含まれる水分から構成されています。

 

こうした体内の水分にもちゃんと役割があって、水分があるからこそ血管や細胞に栄養が行き渡り、老廃物を除去することもできるのです。

 

また、体内の水分には、血管や細胞を行き来しつつ体の水分バランスを維持するという働きもあります。

 

むくみは、この体内の水分バランスが崩れた時に表れる症状です。

 

細胞間に余分な水分が溜まって、それが異常に増加したものが、医学的に言うところの「浮腫」、すなわち俗に言う「むくみ」なのです。

 

「浮腫」という言い方をすると病的な印象を受けますが、ほとんどのむくみは病気とは関係ありません。

 

むくみと血流は大きな関係があります

むくみの原因としてまず考えられるのは血流の低下です。

 

座った状態で一日を過ごすデスクワークの人の場合、終業時間には足がパンパンになってしまうことがよくあります。

 

これは、座りっぱなしで足の筋肉を使わなかったことで、血流が悪くなってしまったことが原因です。

 

心臓から遠い場所ほどむくみやすくなりますが、特に、足の場合、ふくらはぎの筋肉に血液を循環させる働きがあるため、筋肉を使わないと重量で水分がどんどん下に溜まっていってしまいます。

 

塩分の摂り過ぎでむくみやすくなっている人は多い

むくみには塩分の摂取量も大きく関係しています。体には、塩分濃度を常に一定に保とうする機能があるからです。

 

体内に塩分が摂り込まれると、当然ながら体内の塩分濃度が高くなります。

 

そこで、体は水分を溜め込むことによって塩分濃度を薄めようとするわけです。

 

体内に水分が溜め込まれるということは、むくみやすくなるということですから、塩分の摂取量が多い人ほどむくむ傾向にあると言えるでしょう。

 

ところで、多くの人は塩分を摂り過ぎています。

厚生労働省は1日当たりの塩分摂取推奨量を発表していますが、それによると、成人男性が1日8g未満、成人女性が7g未満です。

 

一方、国民栄養調査によると、実際に摂取している量は、男性が平均10.8g、女性が平均9.1gということですから、男女ともにかなり塩分を摂り過ぎていることがわかるでしょう。

 

コンビニ弁当や加工食品などの塩分の多い食事を中心とした食生活を送っている人ほど、塩分の摂り過ぎによって顔や体がむくみやすくなるわけです。

 

しかも、塩分の多い食事に慣れてしまうと、徐々に塩味が感じられなくなってしまいます。

 

そのせいで、さらに塩分の濃い食事を好むことになり、むくみも常態化してしまうというわけです。

 

 

お酒(アルコール)とむくみの関係

お酒を飲んだ翌朝にいちばんむくみが気になるという方も多いでしょう。

 

血中のアルコールによって血管が拡張し、水分が血管から漏れ出すことが一つの原因です。

 

また、お酒を飲む人は味の濃いつまみを一緒に食べることが多いため、先ほど説明したように塩分の摂り過ぎになりやすく、むくみを助長させてしまいます。

 

さらに、お酒を飲むと体はアルコールを分解するために水分を欲します。

 

だからこそお酒を飲んだ後には喉が渇くのですが、喉が渇くからといってたくさん水を飲み過ぎると、排泄する量を上回ってむくみにつながりやすくなるのです。

 

このように、むくみの原因がわかると、むくみを予防する方法もおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

むくみの予防法は?

まず、体を動かさないことで血流が低下して、それがむくみの原因になってしまうケースでは、血流を良くすることを考えましょう。

 

それには、日ごろから適度な運動をするのがいちばんです。運動不足を自覚している方は、ぜひ生活に運動を取り入れてください。

 

また、塩分の摂り過ぎに関しては、外食や加工食品は塩分が多めですので、なるべく自炊して意識的に塩分控えめの食事に切り替えていくことが大切です。

 

お酒を飲んだ翌朝のむくみが気になるのなら、アルコールを控えるのがいちばんの予防になるということは言うまでもありません。

 

早めの対処が重要なむくみを抑える「ラシックス」という薬もあります

むくみを予防するには上記の方法をおすすめしますが、現在、すでにむくみが気になっており、とりあえず現時点のむくみを解消したいという方にはラシックスという薬があります。

 

体内の余分な水分や老廃物を排出するための利尿剤の一種で、本来、高血圧や腎臓病などの治療に用いられる薬ですが、むくみ改善のために用いる人も多いです。

 

78ショッピング」ではラシックス通販を行っています。気になる方はチェックしてみましょう。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針