血圧とタバコ・飲酒の関係について解説します

血圧とタバコ・飲酒の関係について解説します

健康診断で高血圧と診断されると、多くの場合診察を担当した医師から喫煙および飲酒の習慣があるか確認されます。毎日かなりの深酒をする人や相当量のたばこを嗜む人は、生活スタイルを見直すよう勧められるでしょう。とはいえ、高血圧と飲酒およびたばこの関係性をよく理解していないと、生活習慣を改善するにあたりどこから始めたらよいのか分からなくなる可能性があります。ですから、相互関係について専門的な知識をある程度把握しておくと役立ちます。

 

飲酒と血圧の関係

飲酒をすると血圧は一時的に低下します。これは、アルコールが体内に吸収されるとアセトアルデヒドという成分に変化することに起因しています。このアセトアルデヒドには血管を拡張する効果があり、血流を改善してくれるため、飲酒直後は血圧が下がりやすくなるのです。とはいえ、習慣的に大量のお酒を飲むと、体内で分解することができず、血液中に残り続けてしまいます。これが血管の収縮を引き起こして、血圧を高める結果につながるのです。年齢が上がっていくと、アルコールを分解するスピードは低下していきます。そのため、お酒をよく飲む人が中高年になると高血圧になりやすいのです。

 

飲酒の際は食事に注意

飲酒の際に摂取する食事にも注意が必要です。お酒のおつまみとして重宝されることの多い、いわゆる「乾きもの」は塩分の含有割合がとても高いことで知られています。成人男性の理想的な塩分摂取量は1日当たり6g程度とされているものの、乾きものなどの塩辛いおつまみを摂取すると、比較的簡単にこの水準を超えてしまうのです。塩分は体内で分解され、ナトリウムとして血液中に取り込まれます。このナトリウムには水分を吸着する作用があるため、結果として血液中の水分が増え、血液量そのものも増加するわけです。血管の大きさが一定の状態でそこを流れる水分量が増えれば、当然血圧は高くなります。ですから、高血圧をコントロールしたいのであれば、飲酒の量を調整するだけでなく、一緒に食べるおつまみにも注意が必要となるわけです。

 

飲酒量には注意しよう

飲酒による高血圧のリスクを下げるためには、摂取する量を調整することが大切です。1日当たり日本酒であれば180mL(1合)程度、ビールであれば500mL程度を目途にしておきましょう。もちろん、かなりの深酒をしてしまったなら、翌日はお酒を控えるということも大切です。これにより、体内ではアルコール分がしっかりと分解されるので、慢性的に血圧が高くなってしまうという事態を避けることができるでしょう。

 

タバコは高血圧に悪影響

タバコが高血圧を引き起こすメカニズムも研究によって証明されてきました。特に問題視されているのは、煙草に含まれている「ニコチン」と「一酸化炭素」です。これらの成分は血液中に取り込まれると交感神経を刺激して、血管の収縮を引き起こします。血流に変化がない状態で血管が収縮すると、当然ながら血圧は上昇してしまいます。日常的に喫煙をしていると、血管が収縮した状態が継続することになるため、血圧が高い状態がずっと続くということになるわけです。

 

血液中でニコチンや一酸化炭素の量が増加すると、血液中の酸素が不足します。そうなると、酸素欠乏症を改善するため、人体はさらに多くの血液を産生することで補おうとするのです。血管が収縮した状態で血流量が増加することにより、血圧は著しく高くなってしまいます。これも、喫煙が高血圧を引き起こす原因として考えられているものです。

 

一酸化炭素はLDL(悪玉)コレステロールを増加させる

加えて、一酸化炭素によって血中にはLDL(悪玉)コレステロールが増加することも確認されています。LDLコレステロールには細胞を酸化させて劣化させる働きがあるため、人体には非常に有害です。特に、血管が酸化してしまうと、ターンオーバーがスムーズにできなくなり、結果として血管はどんどん硬くなってしまいます。柔軟性を失った血管は血圧の調整が難しくなることに加えて破損しやすくなり、心筋梗塞や動脈硬化などの原因となるということも銘記しておきましょう。

 

さらに、タバコに含まれている有害物質が血液中に増えることで、血管の内側は炎症を起こしてしまい、腫れ上がったり膿が溜まったりします。つまり、体中の血管が狭い状態になるのです。また、炎症が発生している部分では血液の流れが悪くなり、血栓が形成されるリスクが高まります。血栓ができると、血圧が高くなるだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが非常に高くなってしまうので、注意が必要です。ヘビースモーカーの場合、体中で血栓ができやすい状態を常にキープしているということを覚えておきましょう。

 

慢性的な高血圧はラシックス等の薬の力に頼ろう

高血圧が慢性化してくると、生活習慣を改善してもすぐに効果を確認するのは難しいでしょう。そうしたケースでは、医薬品の助けを借りるのも1つの方法です。高血圧用の薬として人気が高いのは「ラシックス」です。血圧のコントロールに加えて、ダイエット効果も期待できるので、高血圧と合わせて増えてしまった体重も気になっている人はぜひチェックしてみましょう。独自の仕入れルートを持つ通販サイト「78ショッピング」を利用すれば、スピーディーにラシックスを手に入れることが可能なのでおすすめです。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針