高血圧の原因とリスクを解説!効果的な対策についても考察しよう

高血圧の原因とリスクを解説!効果的な対策についても考察しよう

高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれる症状で、脳卒中や心筋梗塞、狭心症など、脳や心臓の深刻な疾患にかかるリスクが劇的に高まるとされています。

最近では、中高年世代だけでなく若い世代の中にも高血圧と診断される人が増えています。

では、どんな要因によって高血圧になってしまうのでしょうか。

また、高血圧と診断されてしまった場合、どんな具体的な対策を講じるとよいか、という点についてもチェックしていきましょう。

 

塩分、糖分の過剰摂取は高血圧を招きます

高血圧を引き起こす要因の1つは「塩分および糖分の摂取過多」です。

塩分には水分を吸着する作用があります。そのため、血液中で塩分が多くなると、必然的に血液中の水分が多くなって、血管を圧迫してしまうのです。

これが血圧の上昇を引き起こします。

 

また、糖分が血液中に蓄積すると、血管の内膜へたまって徐々に血管を硬化させてしまうのです。

柔軟性が失われた血管は血流量に合わせて収縮することができなくなるため、結果として血圧の上昇へと繋がってしまいます。

脂肪分も糖分と同じく、血管を硬くする作用があるため、過度の摂取は非常に危険です。

 

運動不足も高血圧に繋がります

高血圧につながる2つ目の要因は「運動不足」です。

運動をすると、心肺機能が強化されて体内の血流が活性化されるだけでなく、血液中の糖分がエネルギーとして消費されるので、動脈硬化が起こりにくくなります。

 

一方、定期的な運動をしない人は、血流が滞りやすくなることに加えて、エネルギーの消費が少なくなるため、結果として糖分や脂質が過剰に蓄積してしまうのです。

 

飲酒と喫煙に注意

「喫煙と飲酒の習慣」も高血圧を引き起こす要因として知られています。

定期的に喫煙をすると、ニコチンの影響でおよそ20分ほど血圧の高い状態が生じます。

 

ですから、ずっと喫煙をしている人は常に血圧が高い状態が続いていることになるわけです。

加えて、喫煙をすると血管の収縮が起こって血圧が上昇することも知られています。

 

一方、飲酒は少量であれば血管の拡張を促すので高血圧対策になることが確認されています。

とはいえ、毎日過度の飲酒をしてしまうと、肝臓や腎臓に強い負担がかかってしまうだけでなく、アルコール分が変化した酢酸によって血管の収縮が引き起こされてしまい、血圧が高い状態になってしまうのです。

 

過度のストレスは高血圧に悪影響

高血圧につながるもう1つの要因は「過度のストレス」です。

特に、体の疲れに伴うストレスではなく、対人関係などによって引き起こされる感情的なストレスにより注意が必要という点が明らかになっています。

 

人体はストレスを感じるとアドレナリンが放出してメンタルを保護しようとします。

このアドレナリンには血管を収縮させる作用があるため、定常的にストレスを感じる環境にいると、血圧が常に高い状態となってしまうのです。

 

高血圧と診断された人が症状を改善する上で、日常生活の見直しは欠かすことができません。

 

定期的な運動を心がけよう

1つの肝要な要素は「定期的な運動」です。毎日短時間でもジョギングやスイミングなどの有酸素運動を行うことにより、血流を改善して血圧を安定させる効果が期待できます。

 

高血圧と合わせて高脂血症と診断された人は、体内に蓄積された脂肪分や余分な糖分などを消費させることにつながるので、運動の習慣を作ることが必須と言えるでしょう。

 

ただし、体に強い負荷をかけるような激しいトレーニングをすることは推奨されていません。

むしろ、体重や体調を考慮しつつ、心肺機能を徐々に強化していくことができる運動を選ぶようにしましょう。

 

バランスの良い食事を心がけよう

2つ目のポイントは「バランスの良い食事」です。

揚げ物や市販されているお菓子など、糖分や脂肪分が多くカロリーが高い食事は極力控えるようにしましょう。

また、塩辛い食事を避けて、塩分の摂取量を減らすことも大切です。加えて、カリウムを意識して摂取するようにしましょう。

 

バナナやお味噌などに含まれているカリウムには、体内にたまった塩分を排出する働きがあります。

チーズやヨーグルトに含まれているカルシウムも心臓の働きを強化して血圧を抑える働きが期待できる栄養素です。

 

ただし、乳製品を選ぶ際には、低脂肪と記載されているものを選ぶとよいでしょう。

さらに、ホウレン草などの葉物野菜やニンニクには血圧の上昇を抑制する働きがあります。

ニンニクに関しては、スープなどに加えて熱を通すことで、匂いをそれほど気にすることなく摂取することができるでしょう。

 

高血圧が改善しない場合は薬による治療も

毎日の生活でいろいろな点を心がけたものの、あまり高血圧の症状が良くならないという人に対しては、薬の服用を勧められることがあります。

高血圧用の一般的な薬としては、「カルシウム拮抗薬」「ARB」および「ループ利尿薬」などが挙げられるでしょう。

 

特に、ループ利尿薬は、腎臓に働きかけて体内に蓄積された余分な水分を排出することで、血圧を下げる効果があります。

「ラシックス」はループ利尿薬の代表的な製品と言えるでしょう。

食事療法などで思うような数値の改善が見られない場合には、こうした薬の活用を検討してみることをおすすめします。

通販サイト「78ショッピング」ではラシックスを取り扱っています。安心して利用できるサイトです。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針