日本人の約1/3が症状を持つ高血圧。重大な病気の予防のために基礎知識を身に着けよう!

日本人の約1/3が症状を持つ高血圧。重大な病気の予防のために基礎知識を身に着けよう!

重大な病気にもつながる高血圧は、私たちが日常生活を送るうえで注意したい症状の一つです。

 

ところが、馴染みのある症状でありながら、正しい知識を身に着けている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

 

そこで、高血圧について基本的なことを確認しておきましょう。

 

高血圧とは?

高血圧とは、文字通り血圧が正常よりも高い状態にあることを指します。

 

血圧は常に変動しているため、誰でも正常値より高くなったり低くなったりといったことは起こります。

 

ところが、血圧が慢性的に高い状態が続くと、深刻な病気につながる恐れもあるため注意しなければなりません。

 

私たちの血液は、ポンプの役割を果たす心臓によって体中を循環していることはご存じでしょう。

 

ポンプということからもわかるように、心臓の働きによって血管の中の血液が押し出されることによって流れています。

その押す力、つまり、圧力のことを血圧と言うわけです。

 

高血圧かどうかチェックするには?

高血圧かどうかを測定するのには血圧測定器を使います。

病院で見たことのある方も多いでしょう。

 

血圧測定器とは、上腕を締め付けて圧力をかけてから一気に開放し、血圧の最高値と最低値を測定する機械です。

 

測定器が腕を締め付けると一時的に血流が止まりますが、それを一気に開放することで止められていた血液が勢いよく流れ出します。

そのことによって血圧の最高状態を作り出すことができるのです。

 

最低血圧はその逆で、血液を送り出す心臓の筋肉が最大限に広がった状態の時の圧力を指しています。

 

 

血圧の正常値は?

正常な血圧の値は、最高が135mmHg未満、最低が85mmHg未満とされるのが一般的ですが、病院などで測定する場合は、最高が140mmHg未満、最低が90mmHg未満でも正常とされます。

 

いずれにせよ、これらの数値を上回るようでは高血圧ということです。

 

血圧が高くなるほど血管系の病気や心臓の病気のリスクが高まります。

 

 

高血圧による脳疾患のリスク

高血圧によりリスクが高まる病気には、代表的なところで脳卒中、心筋梗塞、腎臓病などがあります。脳卒中が、高血圧によるリスクが高い有名な病気の一つでしょう。

 

脳の血液循環に急激な障害が起こることを指し、具体的には脳出血や脳梗塞といった状態になります。

 

脳出血とは、脳の中の血管が切れて、脳内に流れ出した血液が固まって脳を圧迫する病気です。

 

脳梗塞とは、脳内の血管が詰まって血液の流れがストップし、脳の神経細胞がそれによって死んでしまう病気のことを指します。

 

どちらも命にかかわることもあり、さまざまな機能障害を起こす非常にリスクの高い病気ですので、高血圧の方は注意しましょう。

 

 

高血圧による心臓疾患のリスク

高血圧は心臓にも大きな負担をかけます。

 

脳梗塞と同じく、心臓の血管が詰まって心臓の神経細胞が死んでしまうのが心筋梗塞です。

 

細胞の死ぬ範囲と程度によって症状は異なりますが、心機能の低下や不整脈、悪くすると突然死ということもあり得ます。

 

 

高血圧は腎臓病のリスクも高めます

腎臓も、高血圧によって大きな負担を受ける臓器の一つです。

 

腎臓では体内の老廃物を排出する働きが有名ですが、それだけでなく、体内の電解質濃度の調整や水分量の調整なども行っています。

 

高血圧だと腎臓に負担がかかって機能が低下してしまい、そのせいでさらに血圧が高くなって、それがまた腎臓に悪影響を与えるという悪循環になりやすいのが怖いところです。

 

慢性腎臓病になると、同時に心疾患や脳卒中などのリスクも高まるため、場合によっては命にかかわることもあります。

 

 

高血圧の治療法 その1:「生活習慣の改善」

高血圧がなぜ怖いのか理由がおわかりいただけたでしょう。

 

血圧の高い方は正常値になるように血圧を下げる必要がありますが、それには2通りの方法があります。

 

一つは生活習慣を見直すことです。塩分を控えた栄養バランスの良い食事を取り、タバコやアルコールは控え、適度に運動しましょう。

 

ストレスも大敵なので外部要因を取り除くことも必要です。まずは規則正しい生活を心がけるところからがスタートです。

 

高血圧の治療法 その2:「薬による治療」

もう一つの方法が薬物療法です。

 

生活習慣の見直しではリスクを回避できないぐらい症状が進んでいる方の場合、薬で血圧を下げることをまずは優先しなければなりません。

 

血圧を下げる薬には、血管拡張薬、神経遮断薬、降圧剤、利尿薬などがありますが、このなかで依存性が少なくてコストパフォーマンスも高いのが利尿薬です。

 

利尿薬とは、その名の通り尿をよく排泄するための薬です。

 

尿の排泄の際、通常は心臓がポンプのように働きますが、高血圧の方にとってそれが心臓への負担を高め、さらなる血圧の上昇につながることがあります。

 

その点、利尿薬であれば、心臓に負担をかけずに体外に水分を排出できるので、血圧の低下が期待できるのです。

 

 

多くの人に選ばれている利尿薬「ラシックス」の購入方法は?

利尿薬にもいろいろありますが、安く個人輸入できるとして人気なのが「ラシックス」です。

 

ラシックス通販サイトはネット上にいくつかあるので、個人でも自由に購入できます。

 

ただし、薬については飲み合わせや副作用など注意すべきこともあるので、各自しっかり調べてから購入しましょう。

 

サイトの安全性については、「78ショッピング」が安価で安心でおすすめです。

 

 

ラシックス購入はコチラから

関連記事

おすすめサイト

ラシックスの購入は78shopping

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針